ジェーラインエクスプレス業務案内

秋の交通事故防止運動 2020

2020-09-18

秋の交通事故防止運動 を下記の通り実施いたします。
期間中は、無事故・トラブルゼロを目指し、普段より安全意識を高めて指導をお願いします。

繁忙期が終わり、徐々に気温が下がってきて過ごしやすくなってくると気が緩んで思わぬ事故に繋がったり巻き込まれたりします。運転中は気を抜かず安全確認を怠らない。また、運転中に眠気が襲ってきたら最も近くの安全な場所に車を止めて、必ず休憩(仮眠)をして居眠り事故を防ぎましょう。

 

期   間  令和 2 年9月21日(月曜日)~9月30日(水曜日) 10日間
スローガン  前後左右の安全確認を確実に行い、眠くなったら必ず車を止めて休憩(仮眠)!

 

1、期間中の活動(全体活動)

・車両ドアーへ安全ステッカー装着
・営業所・駐車場付近に安全のぼりの設置
・運動期間周知ポスター掲示(大型ポスターを全営業所に配布)
・ドライバー全員に安全運動リボンを配布(期間中装着)

 

2、全営業所重点活動
 ① 気を引き締め、緊張感を持たせるため期間中に1回ネームプレート装着点検を実施してください。(未装着者には立ち話ではなく、必ず個別に注意指導を行ってください)
 ② 居眠り運転防止のため、無線機による中間点呼時を行い、注意喚起を行ってください。

ジェーライン 秋の交通安全ポスター

ジェーライン 35期スローガン『防災意識を高く持ち、安全確保をしよう

参考 : 神奈川県ホームページ 「夏の交通事故防止運動 2020」

みんなのためのジェーライン


2020 全国労働衛生週間 【 エイジフレンドリー職場へ! みんなで改善 リスクの低減 】

2020-07-14

 2020 全国労働衛生週間   【 エイジフレンドリー職場へ! みんなで改善 リスクの低減 】

全国安全週間にあたり下記の施策を実施致します。「人命尊重」という基本理念の下、取り組みを通じて安全意識の高揚と安全活動の定着を図っていきたいと存じます。各所ご協力の程お願い申し上げます。

 

 

1.実施要綱  全国スローガン
【 エイジフレンドリー職場へ!みんなで改善リスクの低減 】

趣旨:全国安全週間を契機として、それぞれの職場で労働災害防止の重要性を認識し、安全活動の着実な実行を図る。

期間:全国安全週間令和2年7月1日(水)~7月 7日(火)
:準備月間 令和2年6月1日(月)~6月30日(火)
※準備月間は、安全週間の実効を上げるための期間。

 

2.全社共通活動

安全週間(7月1日~7日)
・安全週間(準備月間)のポスターの掲示、ゼロ災のぼりの設置。
・巡回パトロールの際、巡回者は腕章を装着。
・安全週間期間中は、毎日の朝礼や昼礼終了時に、「ゼロ災でいこうヨシ!」
を唱和した後、職場に向かう。
※指差唱和の際は、「ゼロ災のぼり」を指差。
・安全週間期間中、安全衛生委員(推進委員及び所長・管理者)は腕章を装着。

 

3.営業所別活動

伊勢原営業所 (活動) : フォークリフト事故防止活動(基本動作徹底によるゼロ災)
(1)準備月間(6月中)
・フォークリフト基本操作の確認、指導。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・管理者による庫内巡回(指摘事項の改善確認)。

安全週間2020 伊勢原営業所
厚木営業所 (活動) : 不安全行動、不安全状態のチェック
(1)準備月間(6月中)
・安全週間活動内容周知。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・毎日の巡回パトロール(チェック表記入)。

安全週間2020 厚木営業所
仙台営業所 (活動) : ヒヤリハットを無くして事故防止(不安全行動、不安全状態)
(1)準備月間(6月中)
・ヒヤリハットアンケートの実施、事例抽出。周知、改善。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・安全衛生推進委員による巡回(事例、改善箇所確認)。

安全週間2020 仙台営業所
千葉営業所 (活動) : 労災リスク低減
(1)準備月間(6月中)
・作業者全員アンケート配付(リスクの記入)、回収。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・アンケート掲示、取りまとめシート作成。
・要改善内容を荷主と共有。結果掲示と啓蒙活動実施。

安全週間2020 千葉営業所
湘南営業所 座間食材倉庫 (活動) : 熱中症予防の実施
(1)準備月間(6月中)
・活動内容の周知。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・作業中や休憩時の水分・塩分の摂取。
・スポットクーラー、大型扇風機の活用。

安全週間2020 湘南営業所 座間食材倉庫
湘南営業所 NQ倉庫 (活動) : フォークリフトの安全運転強化
(1)準備月間(6月中)
・重点ポイント周知(すれ違い時の声掛け、扉手前での一時停止)。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・安全衛生推進委員による庫内巡回。

安全週間2020 湘南営業所 NQ倉庫
湘南営業所 湘南倉庫 (活動) : フォークリフトのスリップ事故防止及び安全意識強化
(1)準備月間(6月中)
・安全週間取り組み内容の周知。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・バース周辺の水切り徹底。
・朝礼での安全意識伝達。

安全週間2020 湘南営業所 湘南倉庫
川島営業所 物流センター (活動) : フォークリフト事故からの人身事故防止
(1)準備月間(6月中)
・活動趣旨の周知(マスト下げ忘れによる事故防止)。
・対策準備(フォークリフトのマストに目印のテープを貼る)。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・走行前にマストが下げられた状態か目印テープを指差し確認。
・各階責任者による巡回・チェック表記入(毎日)。

安全週間2020 川島営業所

参考リンク:中央労働災害防止協会(全国労働衛生週間)

2019 全国安全週間


夏の交通事故防止運動 2020

2020-07-14

夏の交通事故防止運動 を下記の通り実施いたします。
期間中は、無事故・トラブルゼロを目指し、普段より安全意識を高めて指導をお願いします。

 

期間:令和 2年7月11日(土曜日)~7月20日(月曜日)
全体スローガン:居眠り事故撲滅!

 

夏場の居眠り事故防止に取り組んで下さい。
今年は、新型コロナウイルス感染防止のため、暑さの中マスクを着用して納品などをしなくてはならず大変な日々だと思います。疲労回復のためにも出来る限り睡眠を取り、体調管理を行ってください。無事故で繁忙期を乗り切りましょう。

 

 

1、期間中の活動(全体活動)

  1. 車両運転席ドアへ安全ステッカー装着
  2. 営業所出入り口付近に安全のぼりの設置
  3. 乗務員全員に安全運動リボンを配布(期間中装着)
  4. 大型ポスター作製配布

 

2、全営業所重点活動

  出勤点呼時呼び掛け・中間点呼時眠気の有無確認。期間中は出勤点呼時に「眠気を感じたら直ちに安全な場所を見つけ、車を止めること」と呼び掛けを行ってください。(必ず対面で点呼を行って乗務員の様子を確認してください)中間点呼は出勤者全員を対象に行い、眠気の有無などを必ず確認し、該当者には適切な指示を行ってください。

夏の交通事故防止運動

ジェーライン 35期スローガン『防災意識を高く持ち、安全確保をしよう

参考 : 神奈川県ホームページ 「夏の交通事故防止運動 2020」

みんなのためのジェーライン


ジェーライン 春の全国交通安全運動

2020-04-06

[ ジェーライン 春の全国交通安全運動 ]

 

2020年 ジェーライン の全国交通安全運動

 

令和2年4月6日(月曜日)~4月15日(水曜日)は、ジェーライン春の全国交通安全運動です。毎年、新年度を迎える4月以降は新入学児童・園児の歩行中の交通事故が増加傾向となります。学校近くの狭い路地やスクールゾーンの通行は出来るだけ避けて、交差点なども速度を落とし左右の確認を確実に行いましょう。期間中は、無事故・トラブルゼロで終えるよう、普段以上に安全意識で指導お願いします。

 

スローガン「交通ルール、みんなで守って安全・安心

1、ジェーライン期間中の活動(全体活動)
① 車両ドアーへ安全運動ステッカー装着
② 営業所出入り口付近に安全のぼりの設置
③ 運動期間周知ポスター掲示(大型ポスター)
④ ドライバー全員に安全運動リボンを配布(期間中装着)

 

2、ジェーライン全営業所の安全活動
車両点検表に基づき、所属車両全ての車両点検を実施(運動期間中に実施)
また、点検時に故障・不具合が見つかった場合、速やかに交換や修理を実施しましょう。

 

3、 無線機にて中間点呼を1日2回行い、事故防止の呼び掛け
無線を活用し、事故防止運動に取り組みましょう。

 

全営業所真剣に取組み、全営業所無事故で今期をスタートしましょう
第35期スローガン 『防災意識を高く持ち、安全確保をしよう

ジェーライン 春の交通安全ポスター

参考:令和2年 春の全国交通安全運動推進要綱 内閣府HP

ジェーラインエクスプレス(ジェーライン 春の全国交通安全運動2020)

 

 


年末年始無災害運動 2019

2019-12-11

令和最初の年末年始 安全健康 心に誓う

 

令和元年12月11日~令和2年1月10日は「 年末年始無災害運動 」です。
年末年始無災害運動は、働く人たちが年末年始を無事故で過ごし、明るい新年を迎えることが出来るようにという趣旨で行います。繁忙期と重なり慌ただしい時期ではありますが、積極的に活動にご参加いただき、年末年始をゼロ災で乗り切りましょう。

 

実施要綱

全国スローガン 【 令和最初の年末年始 安全健康 心に誓う 】
趣旨 : 年末年始無災害運動を契機として、各営業所における作業手順やルールの遵守、安全確認の徹底に努める。
期間 : 令和元年12月11日~令和2年1月10日
JEの交通安全運動と同期間にて実施致します。


【 全社共通活動 】

〇ゼロ災ポスターの募集。
※ゼロ災ポスター参加賞として、マックカード1,000円分贈呈。
※優秀賞にはクオカードを支給(1,000円分)。
〇年末年始無災害運動の期間限定ポスター・応募したゼロ災ポスターの掲示、ゼロ災のぼりの設置。
〇年末年始無災害運動期間中、毎日の朝礼や昼礼終了時に
「ゼロ災でいこうヨシ!」を唱和した後、職場に向かう。
※指差唱和の際は、「ゼロ災のぼり」を指差。
〇年末年始無災害運動期間中、安全衛生委員(推進委員及び所長)は腕章装着。


【 営業所別活動 】

伊勢原営業所 (活動) : KYTでゼロ災
(1)準備月間
・KYT実施、行動目標を決定。
・ヒヤリハットの報告実施、ハザードマップの作成。
(2)無災害月間
・作業前に行動目標を唱和
・ハザードマップを基に危険箇所を周知

厚木営業所 (活動) : 方向確認で人身事故防止&ゆとりある環境でケガ防止
(1)準備月間
・活動内容周知。
(2)無災害月間
・フォークリフト講習、巡回パトロール。
:管理者によるフォークリフト講習(運転時の方向確認)。
:管理者による危険箇所(4項目)の確認。

仙台営業所 (活動) : みんなで防ぐ災害事故
(1)準備月間
・全員参加で防災目標、標語の短冊を作成、掲示。
(2)無災害月間
・安全衛生推進委員による現場巡回。
・昼礼時に『ゼロ災で…』及び『短冊作品集』の唱和。

千葉営業所 (活動) : 感染症予防対策及び無理は『しない・させない』ゼロ災活動
(1)準備月間
・各サテライト・休憩室用除菌スプレー準備。
・無理は『しない』『させない』ゼロ災ポスター掲示・周知。
(2)無災害月間
・各サテライト・休憩室への除菌スプレー設置、都度使用。
・体調管理と作業環境に区別し、ゼロ災活動を行う。

湘南営業所座間食材センター (活動) : フォークリフトの安全操作で事故防止
(1)準備月間
・活動内容周知、庫内の整理整頓。
(2)無災害月間
・庫内の整理整頓。
・不安全行動、不安全状態がないかパトロールを実施。
・危険操作、危険箇所については、各自で声掛け、改善。

湘南営業所NQ厚木センター (活動) :インフルエンザ等感染症防止の強化
(1)準備月間
・活動内容周知、マスクの準備。
(2)無災害月間
・入館時の手消毒。
・作業中のマスク着用。

湘南営業所湘南倉庫 (活動) :フォークリフト事故ゼロ
(1)準備月間
・活動内容周知。
(2)無災害月間
・フォークリフト作業中、意識して距離を取る。
・運転者、作業者お互いに声を掛ける。

埼玉営業所川島物流センター (活動) :フォークリフト接触防止(人・設備)
(1)準備月間
・危険箇所のリストアップ
・標示、掲示(一時停止・上部確認・危険等)。
(2)無災害月間
・標示、掲示の指差し確認。


年末年始の交通事故防止運動 2019

2019-12-11

年末年始の交通事故防止運動
令和最初の年末・年始を無事故でつなごう!

 

令和 元年12月11日(水曜日)~令和 2年1月10日(金曜日)は、
ジェーラインエクスプレス「 年末年始の交通事故防止運動 」です。
交通事故防止運動期間中 は、無事故 ・ トラブルゼロ で終えるようお願いします。

※ 年末年始無災害運動 と同期間にて実施致します。

 

【 全体活動】
①車両ドアーへ 安全ステッカー装着。
②営業所出入り口付近に 安全のぼりの設置。
③運動期間周知ポスター掲示。
④ドライバー全員に 安全運動リボンを配布。

 

【営業所活動】
① 年末年始に非常に多い事故原因を前半と後半に分けて活動内容を変えて取り組みの強化を行ってください。
前半:12月11日から12月25日 【納品所及び納品所付近の事故防止活動強化】
後半:12月26日から 1月10日 【居眠り事故防止活動強化】
(伊勢原営業所のみ日本アクセス主導の事故防止キャンペーン内容を実施して下さい)
② 無線機を活用して定期的な注意喚起を実施してください。

各営業所は取組内容を共有し、無事故で年末年始を乗り切りましょう。

参考:神奈川ホームページ 年末の交通事故防止運動
ジェーラインエクスプレス 年末年始の交通事故防止運動 2019

第34期スローガン「自らの心構えで、安全を

ドライバー 求人


2019 全国労働衛生週間【 健康づくりは 人づくり みんなでつくる 健康職場 】

2019-10-01

2019 全国労働衛生週間
【 健康づくりは 人づくり みんなでつくる 健康職場 】

 

7月の安全週間では、労働災害防止のための措置を徹底する活動を行いましたが、10月の労働衛生週間では、快適な職場環境の実現と労働者の健康を確保する為の活動を行います。職場における労働者の安全と健康を確保することは、従業員にとっても会社にとっても非常に大切なことです。積極的に活動にご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

1.実施要綱
全国スローガン 【 健康づくりは 人づくり みんなでつくる 健康職場 】

趣旨:全国労働衛生週間を契機として、各営業所における労働衛生意識の高揚を図るとともに、自主的な労働衛生管理活動の促進を図る。

期間:全国労働衛生週間 令和元年10月1日~10月7日
(準備月間 :令和元年 9月1日 ~9月30日)
※準備月間は、労働衛生週間の実効を上げるための期間。

 

2.全社共通活動(営業所別活動も共通)
(1)準備月間(9月中)
〇労働衛生週間(準備月間)の期間限定ポスターの掲示、ゼロ災のぼりの設置。

(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
〇労働衛生週間期間中、毎日の朝礼や昼礼終了時に「ゼロ災でいこうヨシ!」を唱和した後、職場に向かう。
※指差唱和の際は、「ゼロ災のぼり」を指差。
〇労働衛生週間期間中、安全衛生委員(推進委員及び所長)は腕章を装着。

 

3.営業所別活動
伊勢原営業所 (活動) : 職場の3S
(1)準備月間(9月中)
・職場の整理、整頓、清掃。
(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・担当者による清掃で維持管理。管理者による巡回指導。

 

厚木営業所 (活動) : 健康チェック及び手洗いの励行、作業中の怪我防止
(1)準備月間(9月中)
・活動内容周知。
(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・健康チェック表の記入(出勤日のみ、作業前に記入)、管理者チェック。
・入室時手洗いの実施、作業中の軍手着用。

 

仙台営業所 (活動) : ノー残業デー(定時で帰って心身を休める)
(1)準備月間(9月中)
・活動内容の周知、スケジュール作成。
(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・定時勤務実施及び安全衛生委員によるチェック。

 

千葉営業所 (活動) : 腰痛予防とリスク低減
(1)準備月間(9月中)
・作業管理面:腰に貼るカイロを準備(腰を温める事で腰痛リスク低減)。
・健康管理面:腰痛予防体操 啓蒙ポスターの作成。
(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・作業管理面:カイロを配付、貼って作業をした効果を確認。
・健康管理面:腰痛予防ポスターの掲示、配付。
:朝礼での体操実施。

 

湘南営業所 座間食材倉庫 (活動) : 手洗い・うがいの励行、ドアノブ消毒
(1)準備月間(9月中)
・活動内容周知、うがい薬、紙コップ、消毒用タオルの準備。
(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・活動実施。

 

湘南営業所 NQ倉庫 (活動) : 労働環境改善及び職場の衛生
(1)準備月間(9月中)
・活動内容周知。
(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・労働環境:照明器具の点検及び更衣室周辺の整理。
・職場衛生:足洗い場及び倉庫入口にて靴の消毒強化(納品業者含む)。

 

湘南営業所 湘南倉庫 (活動) : けが予防のストレッチ実施
(1)準備月間(9月中)
・活動内容周知(肩、腰、脚をほぐすストレッチ)。
(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・ストレッチの実施。

 

埼玉営業所 川島物流センター (活動) : 5S活動
(1)準備月間(9月中)
・活動内容の周知及び必要物準備。

(2)労働衛生週間(10月1日~7日)
・各班長による巡回指導。

衛生週間

参考リンク:中央労働災害防止協会(全国労働衛生週間)


2019秋の全国交通安全運動 「 納品所及び納品所付近でのバックは、必ず3秒止まって安全確認! 」

2019-09-21

『 2019 秋の全国交通安全運動 』

 

令和 元 年9月21日(土曜日)~9月30日(月曜日)の10日間は「 秋の全国交通安全運動 」です。期間中は、無事故・トラブルゼロで終えるよう、普段より高い安全意識で指導をお願いします。繁忙期が終わり、徐々に涼しくなって過ごし易くなってくると気が緩んで思わぬ事故に繋がることがあります。今回の事故防止運動は納品所事故(逆突)防止を強化して行います。

 

 

期   間:令和 元 年9月21日(土曜日)~9月30日(月曜日)10日間

 

スローガン:納品所及び納品所付近でのバックは、必ず3秒止まって安全確認!

1、期間中の活動(全体活動)
① 車両ドアーへ安全ステッカー装着
② 営業所・駐車場付近に安全のぼりの設置
③ 運動期間周知ポスター掲示(大型ポスターを全営業所に配布)
④ ドライバー全員に安全運動リボンを配布(期間中装着)

 

2、全営業所重点活動
①期間中、無線機を活用して中間点呼を行い、注意喚起を行って下さい。その際に必ず【バック時は、安全確認をお願いします】と付け加えてください。

 

3、各営業所別の強化目標を管理者間で話し合って決め、その取組み状況を期間中は毎日業務日誌にて報告して下さい。全営業所取組みを強化し無事故で安全週間を乗り切りましょう。

第34期スローガン『自らの心構えで、安全を!』

参考サイト:令和元年 秋の全国交通安全運動推進要綱(内閣府ホームページへのリンク)


2019 全国労働安全週間 【新たな時代にPDCA みんなで築こう ゼロ災職場】

2019-07-11

令和元年7月1日(月)~7月 7日(日)は、 2019 全国労働安全週間 です。職場における労働者の安全と健康を確保することは、従業員にとっても会社にとっても非常に大切なことです。積極的に活動にご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

1.実施要綱
全国スローガン 【新たな時代にPDCA みんなで築こう ゼロ災職場】

趣旨:全国安全週間を契機として、それぞれの職場で労働災害防止の重要性を認識し、安全活動の着実な実行を図る。

期間:全国安全週間令和元年7月1日(月)~7月 7日(日)
(準備月間 令和元年6月1日(土)~6月30日(日))
※準備月間は、安全週間の実効を上げるための期間。

 

 

2.全社共通活動
安全週間(7月1日~7日)
・安全週間(準備月間)のポスターの掲示、ゼロ災のぼりの設置。
・巡回パトロールの際、巡回者は腕章を装着。
・安全週間期間中は、毎日の朝礼や昼礼終了時に、「ゼロ災でいこうヨシ!」を唱和した後、職場に向かう。
※指差唱和の際は、「ゼロ災のぼり」を指差。
・安全週間期間中、安全衛生委員(推進委員及び所長・管理者)は腕章を装着。

 

 

3.営業所別活動

伊勢原営業所 (活動) : フォークリフト事故防止活動全国労働衛生週間
(1)準備月間(6月中)
・倉庫各階の危険箇所の周知、掲示による注意喚起。

伊勢原営業所 (活動) : フォークリフト事故防止活動
(1)準備月間(6月中)
・倉庫各階の危険箇所の周知、掲示による注意喚起。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・管理者による庫内巡回(安全確認指導)。
※曲がり角、危険個所の徐行、通行する作業者の危険行為等。

 

厚木営業所 (活動) : 不安全行動、不安全状態のチェック
(1)準備月間(6月中)
・安全週間活動内容周知。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・毎日の巡回パトロール(チェック表記入)。

 

仙台営業所 (活動) : 危険箇所対策
(1)準備月間(6月中)
・危険箇所の確認。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・危険箇所の周知、対策実施(注意表示、修繕依頼)。

 

千葉営業所 (活動) : 職場における『リスク』の抽出と改善
(1)準備月間(6月中)
・作業者全員アンケート配付(リスクの記入)、回収。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・アンケート掲示、取りまとめシート作成、配付。

・要改善内容を荷主と共有。

 

湘南営業所 座間食材倉庫 (活動) : 転倒防止対策の実施
(1)準備月間(6月中)
・活動内容の周知。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・雨天時の庫内水たまり除去。
・4Sの実施。

 

湘南営業所 NQ倉庫 (活動) : 危険箇所のチェック及び排除
(1)準備月間(6月中)
・活動内容周知。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・朝、夕2回の庫内巡回。
※床の凍結チェック、荷崩れチェック。

 

湘南営業所 湘南倉庫 (活動) : フォークリフト起因の事故防止
(1)準備月間(6月中)
・安全週間取り組み内容の周知。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・フォークリフト走行中の声掛け強化。
・朝礼での安全意識伝達。

 

埼玉営業所 川島物流センター (活動) : 危険予知活動
(1)準備月間(6月中)
・危険箇所の確認。

(2)安全週間(7月1日~7日)
・危険箇所の周知徹底。
・持ち回り巡回による保護具、基本動作の確認、注意。


春の全国交通安全運動 2019

2019-05-04

2019年 ジェーライン の全国交通安全運動

令和元年5月11日(土曜日)~5月20日(月曜日)は、春の全国交通安全運動です。
期間中は、無事故・トラブルゼロで終えるよう、普段以上に安全意識で指導お願いします。

 

スローガン「バック時は一旦止まって安全確認

1、ジェーライン期間中の活動(全体活動)
① 車両ドアーへ安全運動ステッカー装着
② 営業所出入り口付近に安全のぼりの設置
③ 運動期間周知ポスター掲示(大型ポスター)
④ ドライバー全員に安全運動リボンを配布(期間中装着)

 

2、ジェーライン全営業所の安全活動
車両点検表に基づき、所属車両全ての車両点検を実施(運動期間中に実施)
また、点検時に故障・不具合が見つかった場合、速やかに交換や修理を実施し、全て完了したら必ず修繕記録表を提出。

 

34期スローガン『自らの心構えで、安全を
ジェーラインエクスプレス今期最初の運動になりますので、この10日間は絶対事故を発生させないという強い気持ちで各所取り組みましょう!

ジェーライン 令和 春の交通安全ポスター

参考:令和元年 春の全国交通安全運動推進要綱 内閣府HP

 

 

« Older Entries